障害年金 愛知・岐阜・三重 電話メールでのお問い合わせ・ご相談無料

解決事例集 肢体の障害

TOP >> 解決事例集 >> 肢体の障害

当事務所で取り扱った内のほんの一部の事例ではありますが、ご紹介させて頂きます。

傷病名 脳梗塞

(経過)
60歳代前半 自営業 男性。
早朝、自宅で倒れ、救急搬送される。脳梗塞と診断され、即日入院。1ヶ月ほどの急性期加療の後、リハビリ病院に転入院。約半年、リハビリ入院の後、退院。その後は、自宅近くの医院にて投薬治療を受けているが、左半身麻痺が残遺し、車椅子生活となっている。

(問題点)
前事例同様、症状固定の判断がどうかという点であった。約半年、リハビリ入院した病院で診断書を依頼したところ、発症より半年後が症状固定日とされていた。経過からみて、半年で症状固定とみるのは、いささか早いように思われたが、医師に再度、この点を確認の上、初診より半年後を症状固定日として認定日請求を行った。

(結果)
認定日(症状固定日)で1級の障害基礎年金の支給が決定した。

▲ページトップへ

お問い合わせ
出張相談承ります
お電話でのお問い合わせ 0587(23)6006
無料メール相談はこちら