障害年金 愛知・岐阜・三重 電話メールでのお問い合わせ・ご相談無料

解決事例集 精神の障害

TOP >> 解決事例集 >> 精神の障害

当事務所で取り扱った内のほんの一部の事例ではありますが、ご紹介させて頂きます。

傷病名 うつ病

(経過)
30代後半 会社員 男性。大学卒業後、就職するも、入社後5年目頃より、職場のストレスや対人関係等により、不眠、抑うつ気分発症。朝も起きられない状態となり、近くの心療内科を受診。その後、勤務先に出社できない日々が続き退職。その後、抗うつ薬の服薬により、症状が軽減したかに思え、再就職するも、再び、同様の状態となり、退職、自宅に籠る生活となり、病状は一進一退を繰り返していた。その後、病状はさらに悪化し、自殺未遂等もあった。現在も実家の両親の下で、両親の介助・援助により療養を続けている。障害者就労・生活支援所からの紹介により、当事務所への相談となった。

(問題点)
当初相談時、初診日要件、保険料納付要件に問題無く、障害状態がどうかということであった。
当件は、発症以降、同一の心療内科に受診していたため、カルテの保存等の問題も無く、したがって、認定日請求も可能と判断し、認定日時点や現在の本人の状態を、本人や両親から十分にヒアリングして、それに基づき、本人の日常生活における困難支障を詳細に医師に伝え、診断書を依頼した。

(結果)
認定日で、2級の障害厚生年金並びに障害基礎年金の支給が決定した。

(補足)
精神疾患は、他の傷病と異なり、検査数値等の、その状態を客観的に示すものが何もありません。したがって、その障害状態は、医師の記載する診断書と本人若しくはご家族が申し立てる申立書により判断されることとなります。障害年金は、その傷病により就労や日常生活にどれほどの困難支障があるかが、その判定の最大の要素ですので、日常生活における困難支障を、正確かつ的確に、医師に伝えることが重要です。

▲ページトップへ

お問い合わせ
出張相談承ります
お電話でのお問い合わせ 0587(23)6006
無料メール相談はこちら